logo-diyrepi-normalicon-diylogo-diyshoplogo-diyrepi

DIYREPiにログイン

Have a nice DIY

パスワードをお忘れの方

― または ―


ユーザー登録はお済みですか?

無料ユーザー登録はこちら

秋の夜長、石灯籠に明りを灯しました

カテゴリー:ガーデニング/屋外ガーデ二ング
制 作 費 用:¥3600
完成サイズ:W100×D300×H55(mm)
Recipe main image c66040b9 bbd6 4926 afa9 8ea64fa270e8

夜間の庭にアクセントをつけてみました。

いいね0
お気に入り0
れしぴく0
れしぴくを投稿する
このレシピに関連するアイディアを紐付けよう
使用した工具
石材用サンダー・電動ドリル・金ノコ・金ヤスリ・ドライバー・電工用圧着ペンチ・タップ切り
使用した材料
LED小型シーリングライト・引掛けシーリング・接続コネクター・より線用棒端子・クランプ・防水プラグ・ケーブル・アルミ板・ビスナット
step1
Recipe step image 3bde84b1 1776 4f05 adcc 80572b595b38

石灯籠の宝珠と笠を一端どける。

step2
Recipe step image 78a5be3f 8662 46ec baf5 b625eea0dbbd

火袋の上ふち二カ所に石材用サンダーで幅3.5Cm深さ3mmの切欠きを作る。

step3
Recipe step image a4da6bfa 805b 477e 9264 18ef785c0814

アルミ板に火袋の内径+上下各2Cm、幅3Cmのツメを残して金ノコと金ヤスリで加工する。

step4
Recipe step image f75df089 c9c5 46cc b3e9 4d6ab5dec6bf

引掛けシーリングとケーブルを接続する。

step5
Recipe step image fb1b929b 1d6f 4907 83d1 58ee87c8366e

アルミ板に引掛けシーリングとケーブルクランプを固定する。

step6
Recipe step image 94e74623 b46d 4cde a0a1 2d47dd197264

小型LEDシーリングライトを取り付ける。

step7
Recipe step image e0987012 fb01 44be 9d0f edb3fc86e024

アルミ板のツメ部を火袋の切欠き部に両面テープで張り付けます。

step8
Recipe step image 8c7c6f43 3f92 4985 8b56 d22987cc26c7

防水プラグを取り付ける。

step9
Recipe step image d7fe22fb 7f89 4cd8 ad5a 7d6b9599b2e8

宝珠と笠を元に戻し防水プラグを防水コンセントに差し込み完成。

コツ・ポイント

笠の移動は重くて一人では無理です。
引掛けシーリングは横の切欠き部を叩き割って使用します。
ねじは面取り後4ミリの皿ビスを使用、引掛けシーリングを取り付ける時はアルミ板側にタップ切りして固定することで、アルミ板の裏側へのでっぱりを無くす。

活用場所

照明器具自体には夜間自動点滅機能は付いていませんので、夜間のみ自動点灯させるには、電源側にEEスイッチ回路の配線が必要です。

ログインまたは無料ユーザー登録するとコメントができるようになります。

関連DIYレシピ

みんなのアイデアフォト「れしぴく」

このレシピに関連するアイデアを投稿しよう
れしぴくを投稿する

いいね一覧