釘と糸で作る「ひまわりの時計」/ストリングアート | DIYREPi(ダイレッピ) logo-diyrepi-normalicon-diylogo-diyshoplogo-diyrepi

DIYREPiにログイン

Have a nice DIY

パスワードをお忘れの方

― または ―


ユーザー登録はお済みですか?

無料ユーザー登録はこちら

釘と糸で作る「ひまわりの時計」/ストリングアート

カテゴリー:その他/DIYレシピ動画
制 作 費 用:¥4000
完成サイズ:W200×D45×H200(mm)

釘と糸を使って絵を表現する「ストリングアート」。
若井産業が展開するストリングアート用材料Nail it!!(ネイルイット)を使って、今回はひまわりの時計を作成しました。
図案は無料でダウンロード可能ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

いいね0
お気に入り0
れしぴく0
れしぴくを投稿する
このレシピに関連するアイディアを紐付けよう
使用した工具
ペンチ
穴をあけるための、先端が尖ったもの
工作用接着剤
はさみ
ハンマー(プラスチックハンマーがおすすめです)
マスキングテープ
使用した材料
パターンシート(ダウンロード可能です)
ロングシャフトムーブメント
時計板(20×20×厚さ1.2cm)
糸 20m巻 ブラウン 1個
糸 20m巻 イエロー 2個
釘 ブラウン 24本
釘 イエロー 180本
step1
Recipe step image f7852089 0b3c 43b1 9827 27227d8de7bb

YouTubeにアップしているパターンシートをダウンロードし、印刷します。
キリトリ線でカットして板に重ねた後、釘を軽く打ち込むかマスキングテープを使って仮留めします。
パターンシートは板より少し小さいので、中心にくるように位置を合わせてください。

step2
Recipe step image f7e23c70 9f61 43a8 afba 5c38c5ea445d

きりや千枚通しなど、先端の尖ったもので、黒い●をプチプチとあけていきましょう。
写真で使用しているのは、下穴あけと釘打ちをサポートする、ネイルガイドという商品です。

step3
Recipe step image 5ad35b21 9749 42dd ba94 35b6bf3cdc44

下穴があけ終わったら、パターンシートを取り外して、下穴に釘の頭を1cm程度浮かして打ち込んでいきます。
中心の円にはブラウンを、花びらの部分にはイエローの釘を打ち込みます。
「ネイルガイド」を使用すると、簡単に一定の高さで打ち込むことができますよ。

step4
Recipe step image f73034da aaa2 4e6b b631 919f748f9529

全ての釘を打ち込んだ状態です。
内側から外側に向かって釘を打ち込んでいくのがオススメです。

step5
Recipe step image 6b88082a 9b68 408f 9708 6f0c60e18735

釘打ちが終わったら、糸かけです。
まずはこのエリアにイエローの糸をかけていきます。

step6
Recipe step image 1700631f 27b6 4832 8e5b 07476671077a

動画を参考に放射線状に糸をかけたあと、花びらの輪郭を縁取ります。
12枚分同じことを繰り返しながら一周します。

step7
Recipe step image 6670f2cd 327c 4af2 a77b 5a7ec19aed08

最初の釘に戻ってきたら2周糸を巻き付け、残しておいた糸端と固結びをします。糸は一旦適当な長さにカットしておいてください。

step8
Recipe step image 918e1dee b500 46ca 9ef5 b6d22fda49aa

次はこのエリアにイエローの糸をかけていきます。

step9
Recipe step image 06629e10 f50b 4bd7 9ece 5a31ba288bda

先ほどの糸のかけ方と同じように、時計回りに花びら6枚分の糸をかけていきます。

step10
Recipe step image ca755d3d 8eae 448e 8a92 210b7e0be637

最初の釘に戻ってきたら2周糸を巻き付け、残しておいた糸端と固結びをします。糸は短めにカットしてください。

step11
Recipe step image d2a46270 8a61 4eed aff6 ee1a31d0be4a

最後はこのエリアにイエローの糸をかけます。
20m巻の糸を使用している場合は、新しい糸に切り替えましょう。

step12
Recipe step image e9646ad6 162f 41dd 873e 4f7fb189a62b

先ほどと同じように糸をかけながら、時計回りに花びら6枚分の糸をかけていきます。
最初の釘に戻ってきたら糸を処理して、糸端は短めにカットしてください。

step13
Recipe step image 0a8d05cb bbad 4b3d a661 efce5b2e3a09

ロングシャフトムーブメントを取り付けます。
ストリングアートを時計にしようとすると「文字盤の厚み=釘の高さ+板の厚み」になるので、シャフトが長いものを使用してください。

step14
Recipe step image a170c50a 2f20 4681 ab65 35c453274fa2

時計の針は付けずに糸かけ作業に戻ります。
ムーブメントの厚みの分ガタつくので、板を挟んで安定させましょう。

step15
Recipe step image cbffa8ca 062b 463e 8938 90fb3632eeb1

中心の円にブラウンの糸をかけていきます。
糸端は円より外側に固定しておきましょう。

step16
Recipe step image cbaba242 16f4 49cd bcda 86a1b9be6f8b

まずはブラウンの釘に沿って線を描くように糸をかけます。
糸のかけ方は動画を参考にしてください。

step17
Recipe step image 3802dab1 9bb1 4dd3 9a08 e0e06afd3ba6

次に円の中に糸をかけていきます。
1番下の釘の左隣の釘から数えて7本目の釘に糸をかけます。

step18
Recipe step image 0213c0be 83c9 4c42 b5a2 3f33a6c73580

6つ戻って時計回りに糸をかけます。

step19
Recipe step image 37520e1d f61e 489e afe2 7ab4a95bb0c1

7進んで6戻る、を繰り返して半周します。

step20
Recipe step image ed8b9586 f561 43a1 9c5a 91d9751de3ef

半周したら次は「8進んで7戻る」に数え方を変えます。
半周したら「9進んで8戻る」、半周したら「10進んで9戻る」…と、数え方を変えながら糸をかけていきます。

step21
Recipe step image 3b33b947 a1fc 4c32 9378 06efb1aa906c

「10進んで9戻る」で半周分糸をかけ終えたら、最後は「11進んで10戻る」を繰り返して一周します。

step22
Recipe step image 6ee37da2 a814 45e5 a533 4f09e90d50eb

最初の釘に戻ってきたら糸を処理します。
これで糸かけは終了です。

step23
Recipe step image ed707f1f 3cc3 45c6 a2c5 9d011f9cd2e4

接着剤がある場合は結び目に塗り、乾いたら糸端を短くカットしてください。
最後に時計針を取り付ければ完成です。

コツ・ポイント

・釘を打つ時も糸をかける時も、作業がしやすいように板を回しながら進めるのがオススメです。
・1本の釘に何回も糸を重ねることになるので、適宜糸を押し下げながら進めましょう。

活用場所

夏らしいひまわりを飾ることで、お部屋がパッと明るくなりますよ。
打つ釘の本数は多めですが、出来上がったときの達成感は格別です!
夏休みの工作や夏の長期休暇に、ぜひ作ってみてくださいね。

ログインまたは無料ユーザー登録するとコメントができるようになります。

関連DIYレシピ

みんなのアイデアフォト「れしぴく」

このレシピに関連するアイデアを投稿しよう
れしぴくを投稿する

いいね一覧