logo-diyrepi-normalicon-diylogo-diyshoplogo-diyrepi
無料ユーザー登録 |ログイン
DIYREPi | ダイレッピ

DIYREPiにログイン

Have a nice DIY

パスワードをお忘れの方

― または ―

Facebookでログイン

ユーザー登録はお済みですか?

無料ユーザー登録はこちら

システムキッチンを古戸棚風に

カテゴリー:インテリア/キッチン
制 作 費 用:¥4000
完成サイズ:W×D×H(mm)
Recipe main image a011f36b 2a93 4140 9631 3f878bfc02ff

システムキッチンの扉をベニアと100均アイテムで古戸棚風にしました。

いいね1
お気に入り0
れしぴく0
れしぴくを投稿する
このレシピに関連するアイディアを紐付けよう
使用した工具
ハケ
パレットナイフ
カッター
彫刻刀
使用した材料
木工用ボンド
有機石灰
水性ペンキ
木製フレーム
つまみパーツ
ベニア板
ワトコオイル(オイルステイン)
マスキングテープ
両面テープ
step1
Recipe step image 857f37a8 95c9 425e b106 cc9cd6546fea

システムキッチンの扉全てを加工します。寸法をしっかり測ります。

step2
Recipe step image 34320839 5d88 40a5 a704 4fd8e2a391e4

ベニアをホームセンターで購入し、寸法に合わせてカットしてもらいます。

step3
Recipe step image 75de6482 64f5 49e2 b194 f898d6eb9b57

彫刻刀で板壁風に掘ります。

step4
Recipe step image 23249537 4105 482d 878a 68fec0b92880

セリアのA4サイズのフレームを6個使います。枠だけにして金具も外します。

step5
Recipe step image 9a643bb6 0bb3 42c6 8358 bce749761080

システムキッチン上部の吊り戸棚のベニアに木工用ボンドで貼り付けます。

step6
Recipe step image ded8fdb4 f780 45e5 88bc a4164685f38e

カッターや彫刻刀でキズをつけてエイジングし、オイルステインを塗り込みます。

step7
Recipe step image 3e14ff48 efcb 40a9 89ab 56bc90435a73

クラックの入った白いペンキ風にするため、こちらを使います。

step8
Recipe step image 27b8a5f1 f920 480f ab4f b0a8bfe2ed98

有機石灰に木工用ボンド、水性ペンキを混ぜてもったりとした硬さに混ぜ合わせます。

step9
Recipe step image ed60cadf 5b50 4473 8692 06e80ddd2906

ハケでぼかしながら塗り、パレットナイフで乗せたペンキをならします。綺麗に満遍なくでは無く不規則にまだらに塗ったり載せたりする方が、自然に仕上がります。

step10
Recipe step image 537b437f 3f22 479e 861f f6776614b07a

有機石灰のおかげで、クラックの入ったペンキ風になります。

step11
Recipe step image 9bce20eb 3f0e 4250 b1b7 508921dc9f62

よく乾かし、ペンキの凹凸が鋭い部分を紙ヤスリでならします。

step12
Recipe step image 463dd6fb 27bd 4a43 8f00 ca9f2f5bd324

システムキッチンの扉にマスキングテープの上に両面テープを貼ります。

step13
Recipe step image e4320588 df17 452a 83c0 93b7313061c1

両面テープを剥がしてベニアを貼ります。

step14
Recipe step image be467732 6ee6 498f 92b4 d29c135a3778

薄いベニアを使うことで両面テープでも落ちません。

step15
Recipe step image 557ef0fc 8d98 4584 b20c 9807b83eb4fb

なんちゃって戸棚にはフェイクのつまみノブを。これも両面テープで貼ります。

step16
Recipe step image 1d702f4c 20c0 4c29 8f42 313eea22e3f2

完成です。システムキッチンの作りによって多少作業は異なりますが、みなさんのDIYのヒントになりますように。

コツ・ポイント

ペンキの塗り方がポイント。ムラがあった方が雰囲気が出ます。エイジングは使うと傷が付くところを重点的に傷つけると本物っぽくなります。

活用場所

キッチン。

みんなのアイデアフォト「れしぴく」

このレシピに関連するアイデアを投稿しよう
れしぴくを投稿する

関連DIYレシピ