logo-diyrepi-normalicon-diylogo-diyshoplogo-diyrepi

DIYREPiにログイン

Have a nice DIY

パスワードをお忘れの方

― または ―


ユーザー登録はお済みですか?

無料ユーザー登録はこちら

DIYの幅がグッと広がる電動ドライバーの基礎知識まとめ

カテゴリー:その他/HOW TO
制 作 費 用:¥
完成サイズ:W×D×H(mm)
Recipe main image 43ed2e4c 4c39 4c15 bf47 3ab9a7f13054

DIYの必需品とも言える電動ドライバーの基礎知識をまとめました。
使うのが難しい印象がありますが、基本を知れば案外簡単!
電動ドライバーを使えるようになるとDIYの幅がグッと広がりますよ♪

step1
Recipe step image 7869a9c2 e704 4306 8593 1004741d8ec6

電動ドライバーといっても種類はたくさん。DIY女子におすすめなのはネジを締めたり緩めたりはもちろん、木材に穴を開けることもできる「電動ドリルドライバー」がおすすめです!
ボルト数は7~10.8、12Vくらいまでが目安です。

step2
Recipe step image e2222c0d 67ec 45f2 9924 77d6c5f328be

電動ドライバーには「トルク」というネジやボルトを締め付けるための力を表す表記があります。DIY用だと1~18段階くらい。板の厚みやネジの太さによって調整します。

step3
Recipe step image 4c9704ee 2384 4521 9c11 f3b449606b1b

そのトルクを調整するのがクラッチ機能です。
矢印の部分をグリグリ回して矢印に合わせましょう。
18の右側にあるイラストはドリルモード(穴あけ)時に合わせます。
まずは1か2の弱い力からはじめて、徐々に強くしていくとネジの締めすぎや木の割れなどの失敗を防ぐことができます。

step4
Recipe step image 4d192a25 f6ce 4fdd 9476 f9e25bdf8e52

ネジ締めや穴あけの時、トルクだけでなく回転の力でも力加減を調整することができます。丸で囲ってある部分がトリガーで、ピストルのようにここを引くとビット(電動ドライバーの先端)が回転します。
引く強さで回転速度が変わるので、まずはゆっくり引いてみましょう。

コツ・ポイント

最初は電動工具を使用するのはちょっと怖いかもしれません。
でも使い方がわかれば、きっと今まで以上にDIYを楽しんでいただけるはず!
女性に合わせた大きさや重さに調整したDIY Girlsの電動ドライバーをぜひ使ってみてくださいね。

活用場所

DIYだけでなく、家具の組み立てにも利用することができます。
IKEAの家具を組み立てることも可能です。
一家に1台あるととても重宝しますよ。

ログインまたは無料ユーザー登録するとコメントができるようになります。

関連DIYレシピ

みんなのアイデアフォト「れしぴく」

このレシピに関連するアイデアを投稿しよう
れしぴくを投稿する

いいね一覧