logo-diyrepi-normalicon-diylogo-diyshoplogo-diyrepi

DIYREPiにログイン

Have a nice DIY

パスワードをお忘れの方

― または ―


ユーザー登録はお済みですか?

無料ユーザー登録はこちら

ロックキャンディの作り方

カテゴリー:その他/HOW TO
制 作 費 用:¥
完成サイズ:W×D×H(mm)
Recipe main image 67f200b9 5156 4e29 9492 6df93088edce

準備した後は放置するだけ!
カラフルでcuteなキャンディ♪

いいね4
お気に入り2
れしぴく0
れしぴくを投稿する
このレシピに関連するアイディアを紐付けよう
使用した工具
お鍋
使用した材料
砂糖
液体着色料
スティックまたは竹串
step1
Recipe step image eae956cb 6573 4236 b537 12fe0b313795

写真ではガラスのコップが写っていますが、やってみた結果プラカップの方がやりやすかったです。
紙コップは時間が経つと水分で柔らかくなってくるのでプラカップがオススメ!
ロリポップスティックは100円ショップで売っています。

step2
Recipe step image a4d17001 ca52 44aa a874 e3288233c667

竹串またはスティックを洗濯バサミなどでこのように挟んでプラコップの上に置いてみます。
洗濯バサミが小さくてコップから落ちてしまう場合は洗濯バサミの足にもう1個洗濯バサミをかませて長くします。
この時にスティックがコップの底につかないように余裕をもたせます。

step3
Recipe step image a5c1590c 32c6 4ebf a220 c24b6f27e944

砂糖(私はグラニュー糖を使用)2カップ
水1カップをお鍋に入れて火にかけます。
沢山作りたい場合は2倍で作ります。

step4
Recipe step image 2a34406e 98de 46af 8bb7 3e8c43524d1d

中火でこのようにグツグツさせます。こげないように時々お鍋をまわしながら・・・

step5
Recipe step image 747b956b 6b49 4981 bf12 b83bedbfc861

火からおろし粗熱がとれたら、このようにスティックをキャンディの大きさ分だけ浸します。
この時プラのスティックに砂糖液がとろっと包まれたらOK!
もし、スルーっと砂糖液が落ちてなくなる場合はもう少し火にかける必要がありそうです。
完全に覚めるのを待っていると砂糖が再結晶して固まってくるので、ある程度さめたら次の工程へ!
熱すぎるとプラコップが溶けちゃうので
ご注意を。

step6
Recipe step image 4dcb96e3 acd3 42b9 ad06 abdcc6d59ad3

別のプラコップにグラニュー糖を入れ、
スティックをグラニュー糖の中ににズボッと入れます。
このようにお砂糖がコーティングされました。
コーティングされた部分に砂糖が再結晶してきます。

step7
Recipe step image 0421c9f5 d65a 4cb3 841e b44ce3cdcb13

プラコップに液体着色料を数滴お好みでたらします。

step8
Recipe step image b365f546 e1ae 4926 af7f 4bc96aae0b03

カップの中に砂糖液を入れ、割り箸などで混ぜたらスティックをイン!
そのまま放置するだけ!

step9
Recipe step image bb76d899 57e3 4314 a546 f2d991fe1c5b

他の色もやってみました。

step10
Recipe step image 80838a0f a67f 4949 9235 42704ac8df45

もし、数日経って砂糖液がカップの表面に固まってきたら、このようにフォークで砂糖の膜をこわし、キャンディを救出!

step11
Recipe step image d39adb86 9845 4a8b bcf8 fd5e54f1a904

液体だけを新しいカップに入れてそこにまたスティックを入れます。

step12
Recipe step image 78ee6126 f046 4402 9de5 0e6cc0c21330

1日経つとこんな感じです。

step13
Recipe step image dd6b8dde 7bc6 4a1b a17b 29dac646bdc1

1週間ほどでこのような感じになりました

コツ・ポイント

水の質や温度、湿度などの違いによってでき具合も変わってくるようです。様子を見ながらお好みの大きさに調節してください。
淡い色がお好みなら着色料はほんのちょっとにするといいみたい。

活用場所

ホームパーティーのアクセントや
ティータイムをおしゃれに演出してくれます。
そのままキャンディーとしても美味しいです。

ログインまたは無料ユーザー登録するとコメントができるようになります。

関連DIYレシピ

みんなのアイデアフォト「れしぴく」

このレシピに関連するアイデアを投稿しよう
れしぴくを投稿する

いいね一覧