logo-diyrepi-normalicon-diylogo-diyshoplogo-diyrepi
DIYREPi | ダイレッピ

DIYREPiにログイン

Have a nice DIY

パスワードをお忘れの方

― または ―


ユーザー登録はお済みですか?

無料ユーザー登録はこちら

すのこで簡単DIY!便利な収納棚やガーデングッズの作り方紹介

Blog main image 717cfe94 893b 4543 bec4 d4f869faebf9
2017.09.19

すのこを使ったDIYは簡単さが魅力

DIYを始めたばかりの時は、木材をカットする段階でひと苦労です。

のこぎりを使ってカットしますが、道具に慣れていない場合や動作に疲れてしまうなど、作業がはかどらずに断念してしまう方も多いようです。

そんな時は、「すのこ」を活用することで簡単にDIYできますよ。「すのこ」は軽めの木材で作られていることが多いため、DIY初心者の方や女性でも扱いやすく作業が楽です。

また、同じサイズの木材が組み合わされていますので、分解すればカットする作業を省くことができますね。また分解せずにそのまま使うDIYアイデアもあるんですよ!

収納棚や卓上における小さな雑貨から、ガーデン雑貨のようなものまで、部屋の雰囲気やサイズにピッタリのものを作ることができるでしょう。

DIYの定番素材!すのこを活用するDIYはこんなに簡単

簡単にDIYできるのだから仕上がりも期待できないのでは?とお思いの方にぜひ見ていただきたいDIYレシピをご紹介します。 すのこは少しだけ手間をかけることで、部屋をおしゃれにするもの収納やインテリア雑貨へと変身します。

すのこと100均で洗面所収納

すのこの形はそのままで、100均の小物を足すだけでこんなにも素敵な収納スペースが完成しています。洗面台の横には、もともとタオルかけのみだったのではないでしょうか?限られた洗面空間に、すのこを使って収納スペースを広げてしまうなんてアイディアが浮かんだ瞬間はワクワクなさったと思います。すのこを白にペイントし、シルバーの小物を合わせると、こんなにも清潔感を感じるものなのですね。DIYの作業としては、すのこにペンキを塗り、乾いたところでタオルかけ部分や缶を置くメッシュなどを取り付ける作業のみです。ペンキの色や小物を変えると、また違った雰囲気の収納スペースが仕上がりますね。  

DIYレシピを見る

100均すのこ3つで簡単シェルフの作り方

100円で手に入る「すのこ」には、安さとその大きさに魅力があります。使われている板が軽く、のこぎりでカットする時も卓上で出来るなど重労働には感じません。DIY初心者にとって、この手軽さはうれしいですね。ここでご紹介する簡単シェルフは、100円ショップのワッツで手に入るすのこを3枚使っています。(ワッツのすのこは板と板の間隔が狭いのが特徴みたいです。)もともとは白っぽいナチュラルな木目のすのこでしたが、アンティーク調家具の塗装によく使われるブライワックスという塗料を塗って、木目を活かした素敵な仕上がりになっていますね。グリーンとの相性も抜群です。  

DIYレシピを見る

セリアのすのこで作るキャスターBOX

セリアのすのこは、DIYをされる方に人気の商品ですね。手に入りやすいということと、やはり軽くて扱いやすい点がDIYに向いています。このキャスター付きBOXもその特徴を活かした優れものです。キャスターを付けますので、木材が軽い方が動かしやすいですし、すのこを分解することなく使ってちょうど良いサイズに仕上がっていますね。短時間で作ってこのかわいらしさですから、作業も楽しくてしょうがないです。写真では観葉植物を置いていますが、色々な収納にマルチに使えますね。仕上げのステンシルもポイントです!  

DIYレシピを見る

すのこで作る西海岸風の調味料ラック

キッチンで散らかってしまいがちな調味料や乾物を、ラックと小瓶を使って見事に収納していますね。この調味料ラックは3枚のすのこをDIYしたものです。一部をカットして組み立てて色を塗っただけの簡単DIYで、こんなにも使い勝手の良い収納棚に変身させるとは、お見事としか言いようがありません。のこぎりで分解したすのこを金づちと釘で組み立てて、ハケでペンキを塗ります。すのこは100円均一でリーズナブルですが、とてもそうは見えない美しい仕上がりです。こんなに素敵な調味料ラックが作れるなら、今すぐDIYに挑戦したくなりますね。西海岸風雑貨のディスプレイもお見事です。  

DIYレシピを見る

100均雑貨*すのこと木箱で収納棚

DIYで使うペンキや道具を入れる収納棚のDIYレシピです。白のペンキを少しやすりで落としたダメージ加工が素敵です。両側がすのこになっていますが、その内側に出ている角材をうまく使って、引き出しのレールのような役割にしています。ガーデンボックスの幅に合うように木材でしっかり固定しているため、ガーデンボックスが落ちる心配もありません。ペンキなど入れる道具が重そうなものばかりですが、すのこ自体が丈夫に作られていますので安心です。  

DIYレシピを見る

百均すのこ2枚で簡単ナチュラルシェルフ

板壁のような背板に真っ白なペイントの素敵なシェルフですね。これを完成させると、しばらくの間うっとり眺めてしまいそうです。この素敵なシェルフ棚が100均すのこ2枚で出来ているとは誰も思わないのではないでしょう。しかも簡単に作れちゃうのが驚きです。すのこ1枚をばらして、外した板をばらしていないすのこのすきまにはめて背板にします。すきまにピッタリはまるようになっていることも、DIYに使いやすいセリアのすのこの特徴ですね。  

DIYレシピを見る

すのこを花台にリメイク

真っ白な花台が草木を美しく引き立てていますね。DIYに少し慣れてくると、このくらい大きなものも作れるようになります。すのこ以外の木材も組み合わせて、バランスよく丈夫な花台が完成しています。すのこをばらしてカットしますので少し時間はかかりますが、のんびり作業するのもDIYの楽しみ方のひとつですね。白くペイントしてステンシルシートで模様を付けていますが、お部屋や飾る植物に合わせていろいろなアレンジが楽しみましょう。  

DIYレシピを見る

すのこでガーデンプランターDIY

多肉植物が映えるガーデンプランターも、すのこを活用して作ることができます。木材で作られたプランターは、植物をセンス良くおしゃれに飾ることができます。すのこで作ると、手作り感が増して素敵ですね。直に土を入れますので、ガーデニング用のペイントと底の部分の穴あけが大切です。ミルクペイントの何とも言えない色合いが、すのこの木目や肉厚植物と合っています。色違いのプランターを作って並べたり、いろいろなアレンジも楽しめそうですね。  

DIYレシピを見る

すのこと端材で簡単ベンチ風飾り棚

すのこで作ったベンチ型の飾り棚は、かわいすぎてお店を探しても見つからないでしょう。足には木の端材とセリアのすのこ2枚を使い、しかも釘を使わず木工用ボンドでOKなんて素敵です。水性ペイントを使っているそうですが、エクステリア用として芝生の上においても玄関の脇においても様になりますね。白に汚れ加工してあるのがおしゃれですが、ミルクペイントのブルーやグリーンもきっとかわいいですね。お部屋に置いて多肉植物を並べると飾り棚もより素敵に見えますよ。  

DIYレシピを見る

すのこで本格的な扉付きラック作り

すのこを使ったDIYで、こんなにも実用的なラックを作ることができるなんて素晴らしいですね。ある程度の重さに耐えられる丈夫なものが作れるのは、DIYで家具を作るときの課題です。この作品のようにヒノキのすのこを使うことで、その丈夫さは実現できます。もともと頑丈に組み立てられたすのこを棚板や左右の壁に使うことで、しっかりとした作りになりますね。棚板に貼った黒のタイルシートが何ともおしゃれです。ペンキやタイルシートの色を変えると、また違った雰囲気のラックが作れそうで、すぐにでも挑戦したくなりますね。  

DIYレシピを見る

まとめ

すのこを使った数々のDIYレシピはいかがでしたか?

すのこは売られているときは似ているものが多いため、DIYの作品もワンパターンかと思いきや、雰囲気も大きさもずいぶん違っていて驚いたのではないでしょうか。

DIYをする方は、アイディアを練ってそれが形になったとき、うれしくてまた作りたくなって次の作品のことを考え始めます。

そうしているうちに木材やペンキの種類にもこだわりが生まれ、さらにDIYのクオリティも高まっていくのでしょうね。

DIYですのこを使うのは、木材が頑丈に組み立てられているものをリメイクすることで、別の何かの形に仕上げやすいからです。また、組み立てられた木材をばらして使えるから重宝するのです。

ちょうど良いサイズに均等にカットされた木材をすぐに用意できるなんて便利すぎます。 100均のすのこは軽くて小さいので、小物の収納棚や飾り棚にピッタリです。

ホームセンターで買えるしっかりしたすのこは、重いものを乗せるラックやテレビ台をDIYで作る方もいるほど頑丈なものです。 通気性が良いことで人気のすのこベッドも、DIYが得意な方ならすぐ作れちゃいますよ!

関連ブログ

ブログカテゴリー